Best Travel Guides

日帰りで行く事が出来るスノボツアーの中身

1日をフルに使ってスノボを楽しもう

バスを使ってスキー場を訪れるスノボツアーが若者に人気となっており、12月から3月にかけてのシーズンは平日の一部を除いて商品が提供されています。集合場所は、都心にあるターミナル駅から徒歩10分以内に設定されている事が多く、集合時間は日付が変わる前か朝の7時前後が一般的となっています。朝一番からスノボをしたい場合におすすめなのが深夜発のツアーで、サービスエリア等で途中休憩を1回か2回挟んでから現地スキー場に到着します。オープンと同時に入場が出来るメリットがあるので、集合までの15時頃まで5時間以上滑れて1日滑るだけで技術向上に繋がるでしょう。ウェアや普段着への着替えに関しては、場内にある更衣室が無料で利用出来て、貴重品がある場合はロッカーも借りられます。

どのようなスキー場に行くのか

スノボツアーで行くスキー場は、関東地方から向かう場合はアクセスの良い甲信越・南東北エリアの有名スポットが多く、ほぼ全てのツアーでスノボセットやウェアのレンタルが可能となっています。なお、レンタルは通常通りに借りるよりもツアー特典としてお得に借りられるので、初参加の初心者にも安心です。

スノボツアーの料金内訳

スノボツアーは、往復バス運賃・リフト1日券が基本プランとなっており、それに加えてウェアレンタルなどのオプションを追加する事で料金が上乗せされます。頻繁にスノボツアーに参加する場合は基本プランを利用するのがおすすめであり、1シーズンで複数回ツアーを利用している場合はウェアやスノボセットを買っておくのが良いでしょう。

飛行機を使った北海道方面のスノボツアーは有名スキーリゾートを使える商品もあり、かなりお得に利用する事が出来ます。

Scroll To Top