Best Travel Guides

貸し切りバスは用途で選択!3つのポイントを整理して納得出来る活用を

貸し切りバスの選び方は用途から

貸し切りバスは用途によって適した選択は変わり、車体の大きさによって料金が変わるものです。大型バスのように車体が大きく大人数乗れるタイプは高くなり、マイクロバスのような少人数で利用出来るものは安い傾向にあります。他にもトイレが設置されているか、装備や設備といったオプションでも変わり、用途に応じたバスを選べると有利です。用途や料金、時期といった3つのポイントを整理すると、納得出来る利用が可能になります。貸し切りバス利用者によっては、短時間の送迎だけ、ピストン運行、深夜の利用等用途が違いますが、基本的には距離と時間によって運賃算出する仕組みです。1日の走行距離目安を200キロから250キロ辺りに設定している業者が多いですが、その基準以上になれば割り増しなったり、深夜の移動でも割り増しとなります。繁盛期は料金が高くなります。土日祝日や大型連休利用は平日よりもコスト負担がかかり、使う時期の選び方も業者利用において重要な要素となります。

貸し切りバス業者比較を行うメリット

貸し切りバス利用は業者比較すれば、有利な所を見つけやすくなります。同じような車種や走行距離、時期でも業者が違うと値段に差が生まれる可能性がありますから、複数社から見積りを受け取ってから決めることが有効です。バス会社に電話や無料相談フォームを使って見積もりを出してもらうと、どこの業者を選ぶとお得なのか把握しやすくなります。用途や時期を伝えれば業者側からどのように利用すれば有利か提案もしてくれますし、気軽に相談や問い合わせした上で利用が望ましいです。

貸切バスには、大型バス、中型バス、小型バス、マイクロバスなどの種類があります。大きさによって料金が変わります。大型バスは60人程度、中型バスは20人程度となります。

Scroll To Top